top of page

精算機器

最適な機器と社員食堂の運営効率化を提案します。

食堂の規模や特性に合わせて、最適な精算方法と機器を提案します。提案される精算方法としては、食券方式、オートレジ方式、カウンター決済方式、レジチェック方式、セルフレジ方式などがあります。それぞれの方式にはその特性と利点があり、適切に選択することで食堂の運営効率が向上します。
食券方式:お客様自身が食券機で注文を行い、事前に精算を済ませる方式です。
オートレジ方式:食事を選んだ後、自動レジで精算を行う方式です。
カウンター決済方式:食事を選んだ後、スタッフによるレジで精算を行う方式です。
レジチェック方式:食事を選んだ後、専用の端末でバーコードの読み込みと精算を行う方式です。
セルフレジ方式:お客様が自分でレジ操作をして精算を行う方式です。
これらの方式を適切に組み合わせることで、食堂運営の効率化を図ります。

-

-

-

-

-

導入検討時はドーグ事業部までご連絡ください。*連絡先はSV用資料参照

シダックス向け 各種詳細資料

SV資料

bottom of page