top of page

食品ロス削減

シダックスグループは、国連が掲げる持続可能な発展目標「SDGs」の重要性を認識し、さらには食料問題などの具体的な目標に積極的に取り組んでいます。具体的には、「世界の食品ロスを半分にする」目指して、2021年から特に「環境」や「食品ロス削減」を社会課題として掲げて取り組んでいます。

地球上の資源は限られており、これらの有効活用と環境負荷の軽減は今日の重要な課題となっています。それを考慮すると、「食品ロス」の削減は避けて通れない課題と言えます。そのため、シダックスグループでは、「食品ロス」を具体的に削減する取り組みを推進しています。まず、状況を正確に把握するために、「残食量」の計測を始め、その後の削減効果を定期的に評価します。
喫食者の皆様にこの取り組みの進行状況を共有するために、「残食量」は毎日更新して掲示します。これにより、取り組みの進行状況を透明にし、継続的な改善を目指します。

お客様用資料

-

-

-

案内ポスター

ご不明な点はMDCSまでお問い合わせください。

SV資料

​社内向け資料
bottom of page